Welcome to my blog

UnbekanNt

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

14
2014  20:05:00

AVAを振り返ってみるpart2 ~AVA初期クラン戦編~

前回でクラン結成。大体2009年の5・6月頃まで書きました。
今回はAVA2009年頃、初期の頃のクラン戦などなどかいていきます。 前回初クラン戦の相手は!?といった所でおわりましたが
ScreenShot00247_R.jpg
ScreenShot00249_R.jpg
はい、これが結果です。相手はIDiot。当時はランカーといったものはありませんでしたが、あったら恐らくAランカーだろうといったぐらい強いクランです。メンバーも現SunsisterのKenEX選手や現DeToNatorのSaih4tE選手がいました。

おまけにもう1戦分
ScreenShot00256_R.jpg
ScreenShot00255_R.jpg
こちらUnbekanNt三戦目のSSですが、後にIeSFにも出場するHybrid戦です。
こちらにも現DeToNatorのDarkよっぴー選手もいますね。
こんな感じで強いクランに揉まれながらのクラン戦をスタートしていきました。

ここで当時のクラン戦の様子を振り返ってみます。
最初の頃はMAPはほとんどがDualSightでした。
また今のように7本先取の自動折り返しが無く、6本先取の試合を2回。攻守交代を手動で行っていました。なので競った試合になるとかなり長時間の試合になっていた記憶があります。
あと特徴的だったのが、当時は丸グレが3つ持てました。また今よりも丸グレの即死範囲が広く、設置グレが大流行!DSは二中に設置されると設置グレは当たり前。場合によっては3つ4つ設置グレが飛んでくるような事もありました。
という事もありほとんどが丸グレ3つ、もしくはFBと丸グレ2つといった編成で持っていました。あれ?スモークは?と現在クラン戦をやっている方は不思議に思うと思いますが、当時のスモークは白しかなく、更に一番濃い時でもほとんど見えてしまうという事であまり使用されていませんでした。
また時間も1ラウンド3分と長かったり、あまりポイントマンは見なかったりと今とはいろいろ違いました。
初期の頃最大の特徴はなんといってもクラン戦が少なかった!
コアタイムの9時頃から部屋が立ち始め、12時時過ぎにはもうなかったような。
またピークタイムでも3つか4つ程の部屋しかなく、一般ch(当時は殲滅や爆破といったchが分けられていなくて、一般が3つ程と練習とクラン戦chぐらいしかなかった)でチャットで探したりといった感じで、終わったらほぼ必ずフレンド登録してまた次回やりましょうみたいな、やりとりがありました。
今からは全く想像できないですねw

当時から2010年頃までクラン戦でよく見た武器というとG36、Ak74があり、TARが実装されると大流行。期待されていたSAKOが同時期に実装されたM4Mk2にとって変わられ、(この辺りで私のメイン武器のL85が実装される)しばらくM4Mk2の時代が続くような感じでした。

この辺りで2009年まで終了ですが、UnbekanNtはクランランキング12位で勝率58%だったようです。他にランキング上位のクランだとTerroRistやPeCa、不落城、これが最後の翼だああ 等々

大会について書こうと思いましたが、当時はほとんど公式大会がなかったような?
2009年のIeSfは護衛部門が開催され、日本・韓国・アメリカが参加しました。
日本からはHybridが出場し結果二位でした。

こんな応援ムービもつくられたり。

また年末にはユーザー主催のPeerCast杯なるものが開催されてました。
ユーザー大会もかなり盛り上がっていた記憶があります。

この辺りで一旦区切り。
次回2010年編書きたいと思います。
ほとんどあやふやな記憶で書いてますので間違い等ありましたらコメント等で教えてください。
スポンサーサイト

 A.V.A

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。