Welcome to my blog

UnbekanNt

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

03
2014  23:04:42

Mionix Naos 8200 購入

新年になりさっそく新しいマウスを購入しました。
買ってきたのはMionixのNaos8200です。
KonePureを使用していますが性能的に全く不満はありませんが、自分の手には少し小さいので別のを探してみようと思い、せっかくなら新しいのを!と最近日本上陸したMionixのマウスにしました。
1

という訳で例の通り続きに大量の写真と共にレビューっぽいものを書いていきたいと思います。
めちゃくちゃ長いので注意!

1/13追記
1番下にrefined modeについて質問した所返答が返ってきたので追記しました。 1.開封
今回はTUKUMOで購入しました。8980円だったかな
箱1
新しいメーカーの箱ってちょっとワクワク
箱2
中にはマウスと説明書?のみインストールディスク等は無いのでHPからダウンロードしました。

2.表面・形
表面1
ぱっと見からもわかるようにIKARIに似てます。このアングルだとちょっとわかり難いかも
表面はサラサラのマットっぽい仕上げでグリップ感あります。個人的にTaipan等のゴムの仕上げが苦手なので嬉しい限り。
薬指・小指を置く場所があり持ち方はある程度限定されそうですがとても握りやすいです。Ikariが好きな方は気に入るのではないでしょうか。

乗り換え検討している人がいるかわかりませんが、ここからはIKARIoptの画像も一緒にはっていきます。

サイド1
サイドイカリ1
先ず親指側のサイドです。IKARIと比較してくぼみが大きいので親指は置き易いです。

サイド2
サイドイカリ2
今度は反対側。
特徴的な形をしていますが、IKARIと大きな違いはありません。
薬指1
薬指イカリ1
薬指を置く部分がIKARIと比較して底面の方まで広いまま伸びています。
私は深めにマウスを握りたいのでNaosの方が好みです。

前面1
前面イカリ1
メインクリックのボタンは中央が窪んでいる形になっています。

裏
裏側。特に言う事無し
とりあえずIKARIとの比較は終了

ソール
デフォソールはとっても平ら。滑りに関してはすぐに剥がしてしまったのでカット
USB
USBは金メッキ!
ホイール
ホイールはKonePureとかに近い感じかな?比較すると気持ち軽いかも。(後日二つ目買いましたが同じか、少し重い位、個体差かな?)コリコリでこれも特に問題なし。

こねぷれ
Konepureと並べてみた。でかい

3.中身
センサーとかスイッチ等中身に関して特に詳しくないですが、わかる人がみたらきっと役に立つとおもってがんばって中身あけてみました。

ガワ1
ガワ2
基盤1
基盤2

とりあえずあけた所。基盤にもADNS9800の文字が。

メインスイッチ1
メインスイッチにはD2FC-F-7N(10M)って書いてありますね。オムロン!
サイドスイッチ2
サイドはTTC!

ホイール周り1
ホイール周り2
ホイール周り

4.その他


ソフトウェアはインストールディスクが入っていないので公式ホームページからダウンロードになります
soft5
ソフト4
Enable Refined modeは何かよく分かりませんでした。直線補正とかになるのかな?
ソフト3
色変えれますが私の環境では青の調整が上手く行かず、同じような青になってしまいました。
ソフト2
ソフト1
ここで最新のファームウェアやソフトウェアが確認出来るみたいです。


5.感想
に関してはIKARIが好きな人なら気に入ると思います。むしろNaosの方が持ちやすいぐらいです。
また表面の加工もマット仕上げでとてもグリップしやすくなっています。
センサーに関してはADNS9800と言う事でしたが、特に遅延もなく問題ありませんでした。リフトオブディスタンス(以下LOD)は初期の状態だと一円玉二つ重ねると反応がなくなりました。LODはソフトウェアから調整もできるので安心です。LODギリギリの範囲で暴れるような現象は確認できませんでした。
メインクリックボタンのスイッチも良く出来ていて、普段三秒間で平均18回程でしたがNaos8200だと平均22回出るようになりました。Naso8200は深さも適切で戻りも早く安定してクリックできるようになりました。個人的にはKonePureより気に入っています。(KonePureだと持ち方が窮屈になっていたので上手くクリック出来ていなかったのもあると思いますが)。また右クリック押しながら左クリックを押しても左右クリックがぶつかる事もなかったのでBF4でも安心して使えそうです。トグルに切り替えろってのはナシデ
サイドボタンは普通に使用している分には誤爆はありませんでしたが、少し高さがあるので気になる人はいるかもしれません。奥のスイッチを押すときに手前のスイッチを誤爆しそうで怖いです。
初めて使うメーカーのマウスでしたがとても良いマウスだと思います。KonePureやRivalが7000円ぐらいなのに対して9000円と価格が高いのがネックになりそうですが、それ意外では特に不満な点は見当たりませんでした。

これからのMionixのマウスも期待できそうで楽しみです!

赤
とっても長くなってしまいましたが以上でとりあえずMionix Naos8200のレビューはおしまい。
質問や間違い等ありましたらコメントかTwitterまでお願いします。

あと分からなかった"Refined mode"について公式のサポートポータルに質問してみたので回答が来たらまた追記したいと思います。ひょっとするとXaiにあったExact Aimのような機能だったりするのかな?
1/13追記
返答かえって来ました。
refined mode is using Avago's own firmware, without the Mionix fix. It adds some smoothing to the tracking at the cost of a minor delay. It can come in handly when using the mouse for work, such as photoshop or CAD.
ということでMinixの修正がはいってないAvagoのファームウェアを使用して、若干の遅延がでるけど、スムージングをかけることができるモードという事でいいのかな?CADとかフォトショで有効みたい
ゲームでの使用なら関係ないっぽいですね。
スポンサーサイト

 デバイス

- 3 Comments

-  

あまり日本に情報がないマイオニクスのマウスのレビューはとてもありがたいです
分解写真等参考になる部分が多いのはとても助かりました

2014/03/09 (Sun) 06:14 | EDIT | REPLY |   

Husaren  

Re: タイトルなし

> あまり日本に情報が無いまいオニクスのマウスのレビューはとてもありがたいです
> 分解写真等参考になる部分が多いのはとても助かりました
ありがとうございます。良いマウスだと思うので是非使ってみて欲しいです。

2014/03/25 (Tue) 20:14 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/08/04 (Thu) 20:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。